5/4 NBA経営講座 固定客化の法則

NBA新潟3

昨日は新潟市内でNBA経営講座の第三回目 集めた見込み客を既存客化しファンに導く固定客化の法則でした。

見込み客化の補足とそれを実現させるためのオファーの事例、顧客リストの大切さや割引チケット一枚を使ったお客様を満足させる流れをお伝えしました。

またフロントエンド、バックエンドの大切さとバックエンドへの誘導事例、その流れを解説。その仕組みを作る中でポジショニングの必要性をお伝えし、見込み客化の全体像をより深く理解して頂きました。

続いて既存客化の方法としてクロージングパターン、反応を得るための手紙の書き方6つのポイント、営業マンの役割、悩殺セールストーク構築法、営業スクリプト事例などを解説。

その時に大事なアップセルやダウンセルに関して事例を交えてお伝えし、特にアップセルを飲食店のメニューブックに応用した場合についてお話致しました。

そして、この時にしばしば価格について聞かれることが多いので、価格の設定の仕方で変わる反応率や売上げの変動について事例を交えながら解説し、価格設定の大切さを確認した頂きました。

そして最後は固定客化について。ファンを作る方法を事例を交えながら解説すると共に固定客化のメリット、デメリット、ファン作りを意識する目的をお伝えしました。

特にお客様がお店に来なくなり理由の第一位を解決するためには何をしなくては行けないのかを具体的な事例を交えて解説。ファン作りの大切さを再確認して頂きました。

そして補足として固定客から紹介を生む為の5大原則をお伝えし、内容盛りだくさんの120分を受講生と過ごしました。