古事記の勉強会

古事記の勉強会が新潟市内で開催されました。参加者は総勢12名。その殆どが女性でした。
 
古事記に興味を持つ人が増えているコトをとても嬉しく思います。そして、女性が多いのも何かを象徴しているのでしょうね。
 
みんなで読み合わせをして、それぞれ感じたことをシェアし合う。12人いれば12通りの感じ方があり、12通りの人生がある。
 
それを古事記の該当箇所と照らし合わせながら、自分自身の人生を振り返る。まさに稽古照今を体現出来る勉強会。
 
『天地はじめて発りしとき』
 
この数行を味わうだけでも120分かかってしまいます。それだけ古事記は奥深いってことですね。わたくし達の祖先は一音一音に想いを込めた文章を残してくれました。
 
それをみんなで分かち合う。
 
教える時代から、学びあう時代へ。
素敵な時代です。