カテゴリー別アーカイブ: コラム

メルマガ紹介

実は2つメルマガを発行しています。
一つは今日のあなたへの一言をお届けする「マッキー語録」、もう一つは日々感じた雑感をお伝えする「いつもありがとう」と言うタイトルのメルマガです。

どちらもスマホで簡単に読めることを大切にしていますので、短めで日々の意識を高めるための内容をお届けしています。
例えば「いつもありがとう」と言うメルマガではこんな感じの内容をお伝えしています。本日配信のメルマガをご紹介すると・・・
——-

おはようございます。加藤昌樹です。2017年4月13日。本日の燕市は晴れ。まだまだ肌寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか。

昨日は上越市で古事記の学び合いでした。会場が桜で有名な高田公園の近くと言うこともあり、ほんの少しだけ寄り道をして夜桜を眺めて来ました。日本人ってほんと桜が好きですよね。

ところで桜は何故、咲くのかをご存知ですか?そして何故、散るのかをご存知でしょうか?

桜は誰に催促される訳でも無いのに自ら咲くときを知り、自ら散るときを知っている。隣の桜が咲いたからと言って自分も焦って咲くことはありませんし、隣の桜が散ったと言って、わたくしはまだまだ大丈夫と優越感に浸ることもありません。

自ら咲くときを知り、自ら散るときを知っている。それが自然なのです。

しかし、散ったからと言って死んだ訳ではありません。次の新たな芽を出すために、その息吹をじっと内に溜めているだけ。だからまた咲く時期になれば、そのほとばしる生命でたくさんの人を魅了するのではないでしょうか。

無理して咲き続けてしまったら枯れてしまうかも知れませんよね。

これは人間も同じ。人間も自然の一部なら同じなのです。やる気が出ないからと言って焦る必要はありません。無理する必要も、ましてや誰かと比べて自分を蔑む必要もありません。

あなたも桜と同じで、自ら咲く時期を知り、次の新たな芽を出すために自らの生命力を溜める時期を知っているのです。

自然は何でも教えて下さいますね。あなたは今日、自然から何を学びますか。

——————————-

とこんな感じ。もしご興味ありましたら是非、登録して下さいね。
ほぼ日メルマガ「いつもありがとう」はこちらからご登録頂けます。
http://archives.mag2.com/1669449/201510/
一言メルマガ「マッキー語録」はこちらからご登録頂けます。
https://goo.gl/h2zCLP

チラシの勉強会を新潟市で開催

チラシ作成

亀貝バリスタカフェで月一回、定期的に開催されている「チラシ販促改善勉強会」

気がつけばすでに7回目。

毎回、参加している方のチラシの内容がどんどん良くなっていく様子を見るにつけ、継続する大切さを再確認しています。

そして、この勉強会も最初は「チラシの改善を軽くおしゃべりでもしながらできたらいいな。」と軽い気持ちで始めたのですが、回を重ねるごとに職人魂に火がついて参加者がより学びやすいようにと思い、資料まで用意してしまいました(笑)

500円玉一枚でここまでの資料が手に入るとは・・・。羨ましいです。

ボランティア活動

教育勅語より
 
『一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ』
 
何か大きなことがあれば自分の出来ることで周りの役に立てるように精一杯努めていく。
 
ボランティアとは人の役に立つと言う意味です。人の役に立つこと全てをボランティアと言います。その結果、対価を受け取ることが出来るか、受け取ることが出来ないかってのはあるでしょうが・・・。
 
そう言った意味では会社で仕事をするのもボランティア。子育てだって立派なボランティア。
 
その日々のボランティア活動がしっかり出来ているからこそ、一旦、何かあれば他の人に対してのボランティア活動に心置きなく取り組んでいける。
 
ボランティアとは与えられた場所で周りのお役に立つことを言うのだと、わたくしは思っています。

人柄がにじみ出る

【主催者様の人柄がにじみ出る】
 
わたくしのセミナーの主催を通じて、ご来場された方にお心遣いをしている主催者様。
 
その心遣いのお陰で来場された方の満足度が上がり、来場された方が、わたくしのセミナーを主催したいと申し出を頂き輪がドンドン広がっていく。
 
そして、気がつけば主催者様同士が繋がり合い、お互いが主催する、わたくしのセミナーをシュアしたり応援しあってくれている姿を拝見させて頂くととても嬉しくなる。
 
わたくしのセミナーの主催を通じて同じ価値観を持った人同士が結びつき合っていく、その姿はこれからの時代を考えた時にとても頼もしく感じる。
 
「誰かの役に立ちたい」
 
こう思う主催者様の気持ちが未来を変えていくんだと感じる瞬間です。

知識によって過去を忘れる

知識が付くと過去を忘れる
 
新しい知識が付くとそれまでの自分を忘れて、古い知識にしがみついている人たちを攻撃し始めてしまう。
 
本来、知識とは人の役に立つもののはずである。
 
経験は無いが知識だけはある。
新しい知識に惹かれ、また新しい知識がそちらの方に飛びついていく。
 
本来、知識とは自分の軸を決めるきっかけである。
 
しかし、その知識によって感謝を忘れ、軸を忘れ、知識だけが増えるに連れ、人生の迷子になってしまう。
 
知識だけで自分を武装し、その知識外の人たちのことを受け入れない。かつてのあなたも古い知識の恩恵を得ていたことすら忘れてしまって・・・。
 
知識に振り回されている内は本当の自分の気持ちには気がつけない。経験だけがあなたの信念を強くする。
 
わたくし達は体験するために、この世にやって来たのだから。
 
古い知識の人たちをあざ笑って、その人たちの心を踏みにじったまま前に進んでも手に入るものは何も無い。
 
知識を得て、古い知識から新たな旅立ちをしようと思うなら、最初にやるべきことは感謝すること。
 
感謝することで始めて次にいける。